ロヒプノールの副作用と効果は危険?

 

1984年にデビューをしたロヒプノール(フルニトラゼパム)ですが、こちらはベンゾジアゼピン系に分類されています。デビューから30年を越える今でも、ジェネリック(後発品)とあわせて服用されているようですね。この薬の効果や副作用を見てみましょう。

 

 

まずこちらの薬で現在処方されているものは、「ロヒプノール錠1mg」と「ロヒプノール錠2mg」の2種類だそうです。自分の睡眠効果にあわせて、0.5mgから2mgの間で調整しながら、服用する量を判断するようにしましょう。

 

 

例えばテレビドラマやニュースなどのシーンで、睡眠薬を過剰摂取した末に救急搬送されてくる場面を見たことがあると思います。このような症状はオーバードーズとも呼ばれますが、薬の中でも睡眠薬の過剰摂取がダントツに多いそうです。

 

 

特にこちらのロヒプノール服用時には、体質によって効き目が強く表れる副作用もあるので、くれぐれもアルコールと同時に摂取は控えて下さいね。お酒と一緒に服用することで、依存性が高まる場合もあるので留意しましょう。

 

 

それからこの薬の半減期は中時間型に分類されますが、それらの中でも比較的短めの7時間程度になっています。薬にはそれぞれ固有の半減期がありますが、これによってその薬特有の情報がわかるのも非常に安心なことでしょうか?

 

 

ロプヒノールの副作用

 

またこちらの薬はベンゾジアゼピン系になるので、体質によっては依存性が高くなる可能性もあります。薬の服用を持続するつもりなら専門医とよく相談しながら進めて下さいね。依存性のリスクを少しでも避けることができるかもしれません。

 

 

さらにベンゾジアゼピン系の他の薬と比べてロヒプノール(フルニトラゼパム)は、どちらかというと効き目が強力な分類になります。つまり睡眠作用が強い分だけ、副作用もそれだけ高い可能性は否めません。それを理解した上で服用することが大事でしょう。

 

ロプヒノールを服用し続けていくと、効かないという状態になることもありますが、効かなくなっても無理に量を増やすのはやめましょう。病院の処方どおりの量を守り、効かないのであれば睡眠薬を変えるなどして対処をするようにしましょう。

 

 

どれだけ副作用が少ないという評価であっても、ベンゾジアゼピン系の薬に副作用がゼロという可能性は低いと思います。様々なリスクを伴う睡眠薬よりも睡眠サプリメントがお勧めでしょうか?安心成分のサプリからお試し下さいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ロプヒノールが効かないのであれば

ロプヒノールを服用していても効かないと感じる方もいらっしゃるかと思います。

 

単純に量が足りなくて効かないのであれば、量を増やしていきます。しかし、2mgでも効果がないのであれば
それ以上量を増やすのはやめましょう。

 

また、ロプヒノールは作用時間が7時間ほどと、中途覚醒の不眠症タイプに合った睡眠薬であるので、
入眠障害や早朝覚醒などのタイプには効果が見込めません。

 

入眠障害であるならば、レンドルミン、マイスリーなどの作用時間の短い種類の睡眠薬に変えるなど
した方が良いです。自分の不眠症の症状や現状を医師と相談して、睡眠薬の服用量や使用する
睡眠薬の種類をかえていくとよいです。

 

また、睡眠薬だけに頼らずに運動するなどの他の不眠症対処法も実践することにより、より効果的に
睡眠薬を使用することができるので、そういった努力もしていくと良いですね。